子育てパパ・ママを応援したい!資産を統計学で殖やす方法

年代別の資産の賢い貯め方

Pocket
LINEで送る
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Google Bookmarks

  • 好景気を経験したことの無い世代
  • 年金や国の社会保障制度にも懐疑的
  • 将来が不安だが、まだ先のことと考えている

よく運用する資産が無いと考える人も多いけれども、その資産を作っていく段階にあることを理解してもらう。
時間というお金で買えないかけがいのない資産を、どの世代よりも最も多く持っていることを理解してもらう。
『72の法則』を説明して、少額でもコツコツ長く経続すれば、大きな資産となることを理解してもらう。

  • 未婚・既婚に関わらず、老後のことを現実的に考え始める世代
  • 子どもがいる場合、教育資金を準備する必要がある
  • 子どもの教育について切実な悩みや問題を抱えている
  • 子どもがいない場合、老後の面倒を診てくれる家族がいないことを自覚する必要がある
  • 年金や国の社会保障制度に切実なる不安を抱えている
  • 将来が不安だが、解決策が見当たらない
  • オーナー社長の場合、自身の退職金作りに加え、後継者育成に取り組まなければならない

保有する資産と言えば、預貯金と保険のみ。 サッカーに喩えると、キーパーとディフェンダーしかいない状態。 金利が上昇してインフレーションが起きると、保有資産(預貯金と保険)は目減りすることを理解して頂く。
株・債券・投資信託などインフレーションに強い金融商品、サッカーに喩えるとフォワードを取り入れて、資産を増やす体制を整えて頂く。
年率7%~8%の運用はさほど難しいことではなく、8%ならば9年で2倍、18年で4倍になることを理解して頂く。
お子様の教育についても、準備方法や資金面についてもサポートしていく。
オーナー社長の場合、退職金対策のアドバイスと、有能な後継者に会社に残ってもらうための、企業年金・退職制度などを取組む。

  • 退職し、年金・退職金・保有資産で余生を過ごす世代
  • 年金や国の社会保障制度が頼みの綱
  • 資産を切り崩していくしかない
  • オーナー社長の場合、徐々に引退の準備に入る頃

保有資産の棚卸し。
資産を切り崩すだけでなく、殖やすことも出来ることを理解して頂く。
年率7%~8%の運用はさほど難しいことではなく、8%ならば9年で2倍、18年で4倍になることを理解して頂く。
オーナー社長の場合、事業承継のアドバイス

  • 保有資産も徐々に目減りしていく世代
  • 医療費もかさむ
  • 住居について再考が必要な世代(持ち家に住み続ける、どちらかの実家に移り住む、老人ホームに入るなど)

相続・贈与の準備
オーナー社長の場合、事業承継の実施
ページ上部へ戻る